循環器内科の概要

循環器内科では、内科的な病気の中で、心臓に重点を置いた診療を行っております。心臓は、全身に血液を循 環させるポンプであり、身体の中でも特に重要な臓器の1つであるといえます。心臓が正常に働かなくなると、全身に悪影響を及ぼし、最悪の場合、死にいたることも考えられます。

循環器内科の特色

当院では、循環器の専門医(1名)の他、杏林大学より非常勤医師をお招きし、高血圧や高脂血圧心臓の超音 波検査によって心臓の機能を評価し、皆様の生活スタイルに即した治療やアドバイスをさせていただいております。

心臓リハビリテーション

心臓リハビリテーションとは

心筋梗塞、狭心症、心臓・大動脈手術後、閉塞性動脈硬化症(歩行障害がある)の患者様を対象に、運動療法、安全管理、危険因子管理、心のケアなどの総合的プログラムを実施していきます。
心臓リハビリテーションを続けることで、体力・筋力の向上、動脈硬化の改善、自律神経や精神的な安定、心臓病の再発予防が期待できます。

専任の医師、心臓リハビリテーション指導士が常勤しています。

循環器の専門医師1名、心臓リハビリテーション指導士1名が常勤しております。
一日でも早く快適な家庭生活や社会生活に戻り、再発予防を目指し、医師・看護師・理学療法士・栄養士・薬剤師など多くの専門医療職種が関わって個別にプログラムを提案・実施します。
尚、当院の心臓リハビリテーションの提供は外来のみの対応となっております。治療をご希望の方は下記連絡先にお問い合わせください。

心肺運動負荷試験を導入し、客観的評価を行っています。

心肺運動負荷試験(CPX検査)心肺運動負荷試験(cardiopulmonary exercise test:CPX)とは酸素マスクと心電図をつけ、段階的な負荷量を上げる自転車運動により、運動耐容能(体力)の測定や狭心症などの心臓病の有無を判定する検査です。
心臓リハビリテーションに効果的な有酸素運動の範囲を把握することも可能です。この検査結果に基づきリハビリテーション時の運動負荷量の設定や自主トレーニングの指導等を行います。

医師紹介

循環器内科 村山 秀喜 長谷川 浩 神崎 恒一

※祝祭日、年末年始等、変更になる場合がございます。
※受診に関しては予約制となっておりますので、ご予約の際は下記連絡先にご連絡下さい。
桔梗ヶ原病院:0263-54-0012

詳しくはこちら → 診療予定表