神経内科の概要

脳をはじめ脊髄・末梢神経・筋肉の病気を診療しています。また、もの忘れ、頭痛、めまい、パーキンソン病外来を開設しております。

詳しくはこちら → もの忘れ外来(中居)

詳しくはこちら → 頭痛、めまい、パーキンソン病外来(中居)

詳しくはこちら → めまい、物忘れ外来(庄司)

神経内科外来の特色

当院の神経内科外来では、脳神経系疾患の診断および治療を目的として開設いたしました。関連した各診療 科と連携をとりながら、頭痛、めまい、パーキンソン病等の諸疾患について診断、治療を行っております。

当科の対象疾患は次のようになっています。

【神経変性疾患】

  • パーキンソン病、アルツハイマー病、ハンチントン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症など。

【免疫性神経疾患】

  • 多発性硬化症、ギラン・バレー症候群、重症筋無力症、筋炎など。

【感染性疾患】

  • 脳炎、髄膜炎など。

【血管障害】

  • 脳梗塞、脳出血など。

【その他】

  • 筋ジストロフィー、てんかん、ミトコンドリア脳筋症、頭痛など。

次のような症状をお持ちの方が対象になります。

  • 手足の動きが悪い、力が入らない、手足が痩せてきた。
  • 手足・口などが意志とは関係なく動く、ふるえる。
  • ふらつく、足が突っ張り歩きにくい、よく転倒する。
  • 手足がしびれる、感覚が鈍い。
  • 物が二重に見える、瞼が重い。
  • 物忘れが強い、計算ができない、字が読めない・書けない。
  • 呂律が回らない、飲込むときにむせる。
  • 意識がなくなる、けいれんをおこすことがある。

医師紹介

神経内科 中居 龍平 鳥羽 研二 庄司 進一

※祝祭日、年末年始等、変更になる場合がございます。

詳しくはこちら → 診療予定表