特定健康診査・特定保健指導

特定健康診査・特定保健指導

糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞、高脂血症などの生活習慣病の患者は年々増加しています。これらの生活習慣病を引き起こす大きな要因が、内臓に脂肪が蓄積された肥満、つまり『内臓脂肪型肥満』です。そして、そんな生活習慣病予備軍の状態を”メタボリック・シンドローム”(内臓脂肪症候群)と呼ばれています。
そこで、国のメタボリックシンドローム対策の柱として、企業の健康保険組合や国民健康保険を運営する市町村などに採用が義務付けられ、2008年4月よりスタートしたのが「特定健康調査」です。
40歳から74歳の保険加入者を対象とし、全国の市町村で導入されています。
また、検診の結果メタボリックシンドロームに対して複数のリスクを持つ受信者に対しては、医師や管理栄養士などによる生活習慣病を改善するための指導が行われ、これを「特定保健指導」と呼びます。この、特定保健指導には受診者の状態に応じて、対面や電話・電子メールによる「動機づけ支援」と継続的な指導を行う「積極的支援」の2つがあります。

メタボリックシンドロームに着目した特定保健指導を受けましょう

【メタボリックシンドロームとは?】

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは、内臓脂肪の蓄積により、高血圧・高血糖・脂質異常症などが重複した状態のことです。自覚症状はほとんどなく、放っておくと動脈硬化が急速に進行し、心臓病や脳卒中などの病気の引き金になります。

【特定保健指導とは?】

特定保健指導は、健診結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、生活習慣を見直すサポートを行うものです。
保有するリスクの程度に応じて、「動機づけ支援」と「積極的支援」に分類されます。ただし、「積極的支援」であっても、65歳以上の方は「動機づけ支援」の対象になります。また、高血圧症、脂質異常症又は糖尿病の治療で服薬中の方については、特定保健指導の対象とはなりません。

特定保健指導は、メタボリックシンドロームのリスク数に応じて次の2タイプに分かれます。

≪動機づけ支援≫はじめに保健師等とともに改善策を決め、6ヶ月後に成果を評価します。
≪積極的支援≫改善策を決め、3〜6ヶ月程度の継続的なサポートを行います。

皆様がご自分の健康状態を把握しながら、よりイキイキとした毎日を送られるように協会けんぽがサポートいたします。対象になられた方は是非この機会を通じて「健康」について再確認してみましょう!サポートを希望される方や、その他詳細は協会けんぽ支部までご相談ください。

健診結果を活かし、より良い生活習慣へ ≪1に運動・2に食事・3に禁煙≫

生活習慣病予防健診結果からわかること