ドライブシミュレーターを用いた運転支援 ~Hondaセーフティナビの使い方について〜

共催:長野県障がい者運転支援連絡会、桔梗ケ原病院

【日時,開催方法,演者】

Ⅰ.日時.2020年11月29日(日曜日) 14:00 ~ 15:30
Ⅱ.開催方法.オンラインセミナー(ZOOMによるインターネット配信)
Ⅲ.演者.桔桔梗ケ原病院 園原和樹

【案内】

近年、病気と運転に対する関心の高まりから医療機関における運転支援の取り組みが進み、ドライブシミュレーター(以下.DS)を運転能力の評価に用いる医療機関が増えています。
運転は「認知 → 判断 → 操作」を繰り返す過程であると言われ、医療機関で実施する机上課題や神経心理学的検査から運転能力を評価することが難しいとされています。DSは医療機関において運転能力を評価する一助となりますが、DSによる評価方法や活用方法について統一的な見解がないことが課題となっています。
桔梗ケ原病院では、2016年よりHondaセーフティナビを用いた運転支援を開始しました。DSを用いた運転支援を行う中で、DSには①運転能力の評価,②運転能力の再獲得や運転習慣の再学習のための訓練機器としての意義があるものと考え、2017年からDSを用いた自動車運転リハビリテーションプログラム(以下.運転リハビリテーション)の運用を行っています。
今回の研修会では、桔梗ケ原病院で実施している「Hondaセーフティナビを用いた運転支援」を中心に、下記テーマについての説明を行います。

【テーマ】

Ⅰ.運転支援とDS

➀医療機関における運転支援
②DSの意義
②DSの長所と短所
③DSと運転補助装置

Ⅱ.Hondaセーフティナビについて

➀走行コース一覧とコース難易度
②5段階評価の意義と解釈
③当院における運転再開の判断基準

Ⅲ.DSを用いた運転リハビリテーション

➀運転リハビリテーションとは?
②運転リハビリテーションの効果
③難易度設定に基づいた段階的運転リハビリ
テーション

【参加申し込み,お問い合わせ】

オンラインセミナーの受講に際して、事前の参加申し込みが必要となります。「所属機関,所属機関の所在地(都道府県のみ),職種,参加者氏名,メールアドレス」を記載の上、下記メールアドレスまでご連絡ください(10月31日締め切り)。
参加申し込みの受け付け後、担当者がオンラインセミナー受講までの手順をメールでサポートさせていただきます。また、オンラインセミナーの方法や内容について質問がございましたら、メールにてお問い合わせください。

桔梗ケ原病院 園原和樹
問い合せ snavi-contact@manage-b.co.jp

一覧へ戻る